この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

適正処理困難物や収集運搬が困難になるもの

どんな品物が該当するのか

自治体によって若干の違いがあるので、転所する前の住まいでは捨てられたのに転居先では捨てられない場合もあるので該当しそうな品物は事前に住んでる地域の市役所のホームページでチェックした方が良いでしょう。

高さが横幅がありすぎてトラックなどに乗せたり運搬が難しいものや、運搬時に何かの衝撃で有毒ガスや悪臭、その他有害な物質、発火するような危険性があるものは適正処理困難物や収集運搬が困難な物に該当します。
消火器やガスボンベ、耐火用金庫、なども含まれるので自己判断で大丈夫だと判断せず、確認してから捨てましょう。
車やバイクのエンジンだけでなく芝刈り機などのエンジン機械も該当する自治体もあります。
ピアノ、サーフボード、コンクリートブロックやレンガなど、意外にに捨てられない物が多いですね。

リサイクルルートを確認する

適正処理困難物や収集運搬困難物は自治体では処理はできなくても、リサイクルルートが確立しているものも多いので、適正に処理する為にも専門の業者はないか確認してみると良いでしょう。

ガスボンベや消火器、エンジン関連の部品は劣化や気温により発火や爆発の心配もあります。
不要になったのにいつまでも放置したり、自分で解体したり、こっそりごみの日に出しえしまったり、空き地などに投棄するのは火災や火傷などの事故にもつながり非常に危険です。

処理方法の確認は購入した店舗に相談するのが間違えないですが、店舗がすでになくなっていたり、どこで購入したか記憶にないような場合には処理困難物相談協力店で検索してみると良いかもしれません。