この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

不用品を捨てる際には注意しよう

本当に捨てて大丈夫?

買い替えをして処分したい家具や家電を捨てる時は自治体のガイドラインをしっかりと確認する必要があります。
法律が変わっているので前回買い換えた時は粗大ごみで出せたものでも、今の法律ではリサイクル法に該当するので自治体では処分できなくなっているものもあるからです。

住んでいる地域によって若干違う事もあるので確認をせず捨ててしまうと、収集されずに置いて行かれる場合があります。
気がついて引き取りに行ければまだ良いですが、そのまま引っ越してしまうような時は、ずっと放置され近所の人に迷惑がかかってしまいます。
リサイクルに関わる品物は処分にも高い費用がかかるので、誰かに金銭的な迷惑をかけてしまう事も考えられるのです。

本当に捨てても大丈夫かきちんと確認が必要です。

捨てられない物を再確認しよう

自治体によって違いはあるので確認は必要になりますが、自治体に収集してもらえない不用品として考えるのは下記の品物です。

まず家電リサイクル法で定められている、冷蔵庫、テレビ、洗濯機、エアコンの家電4品です。
パソコンもパソコンリサイクル法に該当し、またパソコンの周辺機器もごみで捨てられる物と、パソコンリサイクル法に引っかかる物があるので注意が必要です。

自己判断でわかりにくいのは適正処理困難物に該当するものかもしれません。
サイズが大きすぎたり長さがあって運搬が簡単ではない物、破砕がしにくい物、運搬や処分の過程で発火したり、有害な物質であったり、感染の恐れがある物です。

スプリングマットレス、コンクリートやブロックの塊、消火器やガスボンベ、耐火金庫、使用済みの注射器などが該当します。

一気に処分してしまいたい時は費用は掛かりますが不用品買取会社に依頼すれば基本的にはどんなものでも引き取ってくれます。