自治体で回収してもらうのが難しい不用品はどんなものか

自治体で回収してもらうのが難しい不用品はどんなものか

捨てる前に知っておきたい事

粗大ごみで捨てられそうで捨てられないのが家電4品です。 テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫が該当します。 どこの家庭にもある家電ですが、家電リサイクル法という法律が絡んでいて壊れたからと言って簡単には捨てられません。 もし処分するならリサイクル料金が発生します。

パソコンも回収できません

意外と家庭に放置されている、使用していないパソコンはないでしょうか。 ノートパソコンなどはサイズもコンパクトなので粗大ごみや燃やせないゴミで捨てられそうなイメージがあるのですが、パソコンやその周辺機器はパソコンリサイクル法という法律があり自治体に処分を依頼できません。

処分に困る代表の家電4品

思い切って断捨離を決行したい、引っ越しをするので整理したい、家電類が故障したので買い換えたい、部屋の模様替えをしたいなど個々の理由で不用品を処分したい時があるかと思います。

しかし、自治体によっても微妙に違う点がある事と法律により粗大ごみでは捨てられない物があるという事は注意しなくてはなりません。

燃やせるごみと燃やせないごみで出せない不用品はすべて粗大ごみで出せば良いと勘違いしている人は意外と多いようなので、まずは粗大ごみでも捨てられない物は何かを捨てる前に把握しておきたいですね。

自治体の粗大ごみでも回収不可能なのは、家電4品と言われるテレビ、エアコン、乾燥機を含む洗濯機、冷蔵庫の家電リサイクル法に該当する品物です。
その他には、パソコン関連はパソコンリサイクル法に該当し、細かいですがパソコン購入時に同包されていたコード類、マウス、キーボード等パソコン周辺機器も同じ扱いです。
自動車やバイクのバッテリー、タイヤ、ピアノ、消火器、ガスボンベ、コンクリートのブロックなどは適正処理困難物に該当する場合があります。
長さが1m80cmを超えるような物は収集運搬が困難なものになります。

家電4品やパソコンは新規購入の際に古い物は引き取りを実施している場合が多いので、そこで回収してもらえば面倒なく手軽に処理できます。

粗大ごみも事前にシールを張って指定の場所と時刻までに自分で運搬しなくてはならないので大きな物になるほど大変です。
複数の不用品を処分したいのに、いざ捨てるとなると面倒で誰かどうにかしてという心境ならば、費用は自治体に頼むよりもかかりますが不用品買取業者に全て回収を依頼するのも手かもしれません。

適正処理困難物や収集運搬が困難になるもの

これらに該当するものは粗大ごみや燃やせないごみとして間違えて出されている場合が多いので何が該当するのか、住んでいる自治体のルールを確認しましょう。 車のタイヤ、消火器、耐火用金庫などは捨てられそうなイメージですが適正処理困難物に該当する場合があるので注意が必要です。